ネオロマについてや声優について熱く語るスペース。 (別名、自己満足スペース)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見ました!!
早朝からコソコソと(爆)
ネタバレしまくりなので、覚悟の上読んでください。

まず全体を通しての一言。

弁慶黒い!!(性格的意味で)

もうやってくれちゃいました、宮田s・・・違う、弁慶!(笑)
詳しくは追々書いてゆきます。
OPから衝撃だったな~
曲は公式サイトにあるように熊野メンバー(別名じれっ隊/違)だったわけですが、OP画像が・・・なんと!!

八葉全員は・だ・か!!!!!(//△//)

初っ端からやってくれた・・・ゆ●太withコー●ー(ルビーパー●ィー)。
心臓に悪いよ、そして爆笑した←ぇ
で、とうとう始まった本編なわけですが。(実際はOP曲前に少し話がありましたが)
もういきなり源平時代に飛躍した経路等すっ飛ばしてます;
だからもう八葉全員登場しておりました(´▽`)
その為念願の夢・・・

ヒノエの生足をアニメで(ゲームムービー以外の)拝む!

を叶える事が早々可能になりましたv(キモイよ)
ヒノエはいつになく麗しかったが、あまり糖度の高い台詞はありませんでした;
あの身震いするくらい甘い台詞がヒノエファンの醍醐味でもあるのに・・・(※褒めてます)

DE!

途中、八葉が村で休憩をしているシーンがあったわけです。
ここもまた

一部八葉上半身は・だ・k・・・(自主規制)!!!!!

どんだけサービスショット入れるんだよ!(爆)
ちなみに敦盛さんは首だけ拭いてました。(やっぱ恥ずかしがり屋だからかな?)
リズ先生は・・・タオル(向こうの世界だと布か?)で剣を拭いておられました;
・・・どうせならリズ先生のサービスショット拝みたかった・・・っ(切実)
まぁ、それはキャラ的に無理だな!
しばらくは平穏な感じでした。
そして村に襲撃が!
やっと物語が動き出した!!
・・・でもね。
弁慶さん・・・

あなたはどうしてそこまで黒い(性格・・・/以下略)んですかー!?

もう私このアニメの印象が弁慶くらいしかない(爆)
だって顔が完全に始終Sの顔だったよ(いや本当に!)
完全に弁慶裏切りフラグ立ってました。
ktk、ktk、ktk、ktk!!!\(゜▽\)(/▽゜)/
今の私の心。↓

ヒノエ<弁慶≦宮田幸季さん←!?

本当、そんな弁慶大好きだ(>▽<)b
弁慶がいなくなり、物語は平家の陣へ襲撃をすることに。
いざ、馬に乗って出陣!!!
谷を降りてゆきますと・・・

弁慶がニヤリと笑ってる!!!!!

こうなってくると白い弁慶はもういない。(ってか序盤から黒だったけどね)
ブラック弁慶降臨ですw
そしてついにキタ。
将臣vs源氏の神子!!
このシーン好きなんですよ、ゲームでも。
剣を交わしたときにお互いが敵同士だって分かるシーン。
そんな好きなシーンもあっという間に終わってしまい、物語は最悪のシナリオへと以降してゆくのでした。
将臣が還内府だということを知りショックを受けている神子の元へ知盛登場。
剣を交える知盛と神子。
ショックからまともに戦うことが出来ない神子、石に躓きピンチへと追いやられる!!
そこへリズ先生の登場!
「あぁ・・・やっぱ先生守ってくれるんだねw」
と感動。
ところがっ!
一瞬の隙にリズ先生がやられてしまいました・・・orz

い、石田氏ぃぃぃぃぃ~!?!

(誤※リズヴァーンだよ・・・)


なんかこの息絶えてゆくシーンはリアルで泣けた;
あぁ・・・先生、おぉ・・・先生!(一体なんなんだ)
しかし、物語はおかまいなしに進んでゆきます。
景時さんが神子を馬で連れ去ってゆきました。
逃げようとするもあたりは火の海。
他の八葉も火の海に飲まれてゆきます。
このシーン、ヒノエがエロk・・・(うるさいよ)
「私の力がなかったからなの・・・?」
と嘆く神子に白龍がとうとう逆鱗差し出す!!
「これで時空を越えられる・・・」
そう言い残し、逆鱗を失った白龍は消失してゆくのでした。
(逆鱗を失うと白龍は消えるっていうクダリもなかったから、初めて見る人は「???」だったろうなぁ;)
そして時空を越え、現代へと戻ってきた神子。
当然そこには譲も将臣もいない。
「・・・夢だったの・・・?」
と手のひらを見る神子。
そこには血痕が残っていた。
まぎれもないリズ先生の血痕。
夢なんかじゃなかった、それは本当に起こった出来事。
「私だけ・・・どうして私だけなの!?」
そう悔やんでいると、スカートのポッケで何か光りだす。
―逆鱗―
神子は思い出す、白龍の言葉を。
「これで時空を越えられる・・・」
神子は何かを決意した。
「もう一度やり直そう。
運命を・・・変えてみせる!!」
次の瞬間、神子は布団の中だった。
将臣の顔がそこにあった。
「・・・戻ってこれた・・・」
時空を越えた事を確信する神子。
やっとのことで運命の上書きですよ~
少しずつ運命が変わっていきます。
「将臣くん、ちょっと二人で話したい事があるんだけど」
神子は将臣を呼び出します。
そこで自分が将臣が還内府だということを知っている事、自分が源氏の神子であることを打ち明けます。
将臣は自分がどうして平家側になったのか、平家には自分を必要としてくれる人がいるから源氏側にはなれないことを話します。
「もうそろそろ・・・行かなきゃならない」
「平家に戻るの?」
「あぁ」
そう言う将臣の背中を静かに見送る神子でしたが
「将臣くん!」
そう言い駆け寄ろうとした瞬間、足を滑らせ崖から滝底へと落ちそうに!!
ところが危機は逃れました。
そうです、将臣が助けたから。
「・・・気をつけるんだぞ・・・」
そう耳元で囁き暫くぎゅっと抱く将臣!!(きゃ~っ///)
後ろハグ万歳!!!!
結局、将臣は平家の陣へと帰っていくのでした。
次に神子は弁慶さんに会いに行きます。
「平家に・・・行くんですか?」
その神子の問いに・・・

「君はいけない人ですね」

キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!
待ってましたww
たぶん弁慶ファンのおよそ90%がこの台詞を期待していたんじゃないかと!
「僕は内側から平家を崩します」
そう言い残し、弁慶も去ってゆくのでした。
そんなこんなで迎えた二回目平家の陣襲撃。
九郎さんその他もろもろのキャラに
『還内府は将臣である』
ことを告げます。
そして陣へは自分一人が行くと。
再び将臣と剣を交わす神子。
・・・ここで物語りは終わります;
でED曲はといいますと、将臣でした。
とりあえず感想を。
初めて「遙か3」を知る方々には非常に分かりにくいことになってるな~と;
流石にあの作品を1時間枠で抑えるというのには無理があったんじゃないかと思われますね。
でもあの終わり方、絶対続編作るの確定じゃないですか??
まさかあれで本当に終わりとか有り得ないでしょう!
あと遙か3だと公式CPが将臣とになるんでしょうか?
う~ん・・・ヒノエ・弁慶ファンとしては複雑だなぁ。
むしろ譲でもよかったのに!(むしろってお前・・・/笑)
遙か3がアニメ化ってすごく嬉しかったのですが、今回はう~んって感じでした。
まぁいいか!
ブラック弁慶たくさんだったしww(そこかよ!)
次回に期待v



PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
プロフィール
HN:
青山りんご
性別:
女性
職業:
看護学生
趣味:
乙女ゲームしたり、絵描いたり。
自己紹介:
☆好きな声優☆
浪川大輔・宮田幸季・岸尾大輔・高橋直純・下和田裕貴etc.(敬称略)
☆好きなゲーム☆
ネオロマ系・ラブレボ!!etc.

同士募集中(笑)
ブログ内検索
バーコード







忍者ブログ [PR]

Designed by A.com